飽き性でもいいんじゃない?

ストレスクリアコーチングを始めて3週間。受講生の仲間との相互セッションや、セルフセッションを何度かしましたが、そこで私がよく口にする言葉が

「新しいことを始める」

つくづくルーティンだと物足りないんだなぁと感じました。悪く言えば飽き性!?

学生時代はくいだおれに始まり、マクドナルド、カフェ、ホテルの朝食サービスと飲食店のアルバイトの他、添乗員やイベントスタッフ、塾講師に家庭教師…よくもこんなに沢山していたなぁ〜と、感心します。

「根気がない!」

親に嫌味を言われていましたが、友達のアルバイト話を聞いたり、求人情報を見るとついつい「やりたい!」と思っていまうんです。言い訳になりますが、飲食店は1年は継続してましたよ〜。

社会人になってからも、地元のメーカー、海運、商社、人材派遣を経てキャリアカウンセラーとして複数の教育機関や人材紹介で働いてます。副業でブライダル司会をしていたこともあったな…

世間一般的な見解では、転職回数が多くなると書類の通過率が悪くなると言われています。しかし、ひと昔前に比べて転職し易い環境になり、また時代の変化が早いので、時代の変化に対応して生き抜く為に様々な事に挑戦するのはありではないかと思います。

世間の見解、時代の流れの速さを考えると、今の仕事を辞めずにパラレルキャリアに取り組みながら、自分が生き生きと働ける仕事を見つけることが賢明かもしれませんね。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です