そのやりたいこと本音ですか?本音を見極めるコツ

その目標が本音かどうかを見極める

その秘訣は

脳内会話が出来るかどうか

なんです!
今日は妄想すごろくのワークショップに参加して来ました。
妄想すごろくとは、どの様なものかというと・・・
ざっくり言えば脳内会議の議事録です。

頭の中では考えや感情、感覚的な何かが浮かんでいるけど
上手く言葉にできない・・・

頭では考えていたけど、うっかり忘れていた!!

そんなことないですか?それを書き出すことで自身の本当の気持ちや考えを明確にできるのです。

開発者の麻衣子さんが仰るには、人の頭の中ではCMである様な天使と悪魔が会話しているとのこと。映画だとインサイドヘッドのヨロコビ・イカリ・ムカムカ・ビビリ・カナシミが頭の中に存在していますね。

これが本音だと止めどなく会話が続くとのことですが、本音でなければ会話が続かないとのことです。確かに興味がないと議論する気持ちにならないですよね。

ワークショップではレクチャーのアリに実際やりたいことをスタートに脳内会話の議事録を作成していくと、実は本当の目的は違っていました。

親の意向、世間一般の常識、周囲の目・・・人は自分の外の世界を気にして知らず知らずの間に本音にフタをしていて、本音が別にあることさえ分からなくなっていることが多いです。

妄想すごろくは本音かどうかを確認することも、真の目的を明確にすることもでき、しかも楽しみながらできるものだと感じました♪

妄想という表現はあまりいいイメージではないかもしれませんが、頭の中には自分以外の誰も入って意見することができない安心安全なかけがえのないものなんです!本音で何を考えてもいいのです!!

かけがえのない妄想を利用して、皆さんの目標について脳内会議してみてはいかがでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です