思い通りにいかないは思い通りだった!?

大学でキャリアカウンセリングの仕事をしていると、喉をよく潰します。3ヶ月間ガラガラ声で

本来の声、もう覚えてませんよ〜

なんて学生に冷やかされたこともありました。

なので、一年中通勤時にはマスクをしてヴィックスドロップが手放せなかったはずなのですが、大学に復職して2ヶ月近く経って

喉が潰れない

ということに気づきました。ストレスクリア®︎は身体症状にも効くと仰ってる方がいたので、もしかするとセッションを重ねることで周囲を気にせず自分の意見を言える様になったことが関係あるのかもしれません。

この様なことをコーチ仲間に話していると
言いたいことを飲み込んでいる人は喉の調子が良くないことが多いとのお話を教えて下さいました。

言いたいけど、周りを気にして言えない

これは、言ってしまうことによる恐れを無意識がキャッチして言えない状況を創り出していたのかもしれないと思いました。

 

望む現実じゃない!!

と思っているけど、実際は無意識の望む通りに現実はつくりだされているのです。

でも、無意識だから思い通りにいかない!!
ともどかしさを感じてしまう…

時には、無意識が感じる恐れに耳を傾けず、別の感情や感覚、症状にすり替えて思い通りにいかない現実が続いていくのです。

その恐れに気づくだけで思い通りの現実をつくれる様になります。

知らないことを知るのは時には恐いかもしれませんが、意外にスッキリしますよ。

ストレスクリア®︎完全マスタープログラムの受講生さんも

腹黒い自分を知れて快感💕なんて仰ってました。

思い通りにいかないは実は思い通りだったというおかしな現実を紐解いてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です