やりたいことを見つけるために大切なこと

子供たちが目標を考え、計画を練って実行を目指す取り組みで、このクラスが掲げたのは「卒業遠足で帝国ホテルの食事とリムジン」。一見荒唐無稽でも、絵画や作文のコンクールを探しては作品を出して資金集めをするなどクラスで工夫を重ね、実現にこぎ着けた小学校の記事です。

前例にとらわれず、子供が自らやる気になる仕組みづくりを重視され、子供のやる気を引き出し、ゴールへ導いてこられました。

時に型破りな手法に批判も少なくないが、「評価をするのは児童たちだから」と意に介さず、「目つきが怖い」「もっとみんなの言い分を聞いた方がいい」と遠慮がない通信簿をつけられる先生。

世間の評判や名声でなく、相手が何を求めているか、教師として何を実現すべきかを重視して役割を果たされる姿勢や、一人ひとりに本心で向き合われるお話に共感し、自身もこの姿勢を大切にして自分らしい生き方・働き方を実現したい人を目標に導きたいと思いました。

本当に求めてられていることは何か
目の前の相手に本心で向き合うこと

これがやりたい仕事を見つけること、好きなことを仕事にすることに繋がるのではないかと思いました。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO31305680S8A600C1CC1000/

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です