恐怖に打ち勝って挑戦するヒント

やってみると意外に恐くなかった

こんなことないですか?

プレッシャーをとても感じる仕事に尻込みするも、実際はとても集中できて楽しめることがよくあります。講座やセミナーを開催する時はほとんどこの様な状況です。

想像の世界は限りなく、恐さを増長させることができるのです。

自分の想像力をコントロールできると、もっと挑戦の幅が広がるのではないか?

そんなことを思いました。

 

でも、恐怖は自分が望んで想像しているのです。

そして、想像上の恐怖に怖気づいて

自分の想像の世界に閉じこもって挑戦できないことがあるかもしれません。

実際は大して恐くないのに、想像の世界でビビってしまい、挑戦できない…

もったいないですね。

だからと言って、無理にやるのは、やはり気が引ける…

そんな時は、

挑戦できない理由(何に恐れているのか)
挑戦したい理由

を紐解くことをオススメします。

 

恐れと挑戦が綱引きして葛藤が起こっているのですが、目的は同じなんです。目的は同じということに気づくと綱引きをやめるので

自分が本当に求める選択をするのです。

 

どちらでも一緒、上手くいくなら、挑戦しよう♪

という感じですね。

 

挑戦の幅を広げてみませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です