少数派でもいい

皆さんは周りと考えや価値観が異なった場合どうしますか?

 

周りなんて気にせずに自分の意志を貫く

自分はまちがっているのではないかと不安になる

自分の考え、価値観はおかしいから伏せて周りに合わせる

 

時と場合にもよるかと思いますが、昔の私は周りに合わせることが多かったです。

 

マイノリティに問題はない。
マジョリティに問題があり、
マジョリティの意識が変わると
マイノリティが活きる

 

先週のダイバーシティの未来について考えるシンポジウムで聞いたこの言葉が心に刺さりました。

 

マジョリティの人が自分たちの価値観でマイノリティを勝手に否定することで、マイノリティに問題があるという考えが当たり前になっていることでした。

多数派の方々に否定される様な経験はありませんが、親や友人に考えや価値観を押しつけられることで自分の考えが良くないということはあります。

既に多数派が正しいという文化背景があるのか、自然と多数派が正しいと思い込んでいる気がします。

その状況を素直に受け止めることができればいいのですが、無意識が受け入れることができないためか

 

「◯◯の人だったら知っているでしょ」

「◇◇だったら●●に違いない」

 

なんて価値観を押しつけられる発言があると構えてしまっていました。

そして

自分の意見を言えずに人に対して壁をつくったり

時には

自信をなくして落ち込んでいました。

マジョリティの意識が変わり
マイノリティ・マジョリティなんてなくて、

みんなありのままでいい

 

そんな意識になると、一人ひとりが自分らしく生きることができるというお話にはその通りだと思いました。

ゲストスピーカー大日方邦子さん(元パラアスリート&メダリストで平昌パラリンピックの日本団長)がこんなことを仰ってました。

ありのままの自分に戻る一番の方法は海外に行くこと

海外はマジョリティ、マイノリティ以上にありのままの自分、個人という考えが当たり前になっているからだそうです。

 

自分のキャリアを決める上でも、周りの価値観に合わせて

民間企業に入らなければいけない
大手企業がいいに決まっている

判断するではなく、ありのままの個人の価値観で働き方、生き方を選択しやすい環境になれば

やりたいことが分からない
仕事=お金稼ぐ手段に過ぎない

と思う人が減って、自分らしく生きようとする人が増える、生きづらさが無くなってイキイキと過ごせる人が増えるのではないかと思いました。

マジョリティが正しいの様な環境により自分の価値観や情熱を知らず知らずの間にフタして

でも

自分の道を歩みたい

やりたいことを見つけたい

そしてやりたいことやありのままの自分で社会と繋がりたい

 

そんな考えは間違いではないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です