嘘のない思いにこそ熱が宿る

嘘のない思いにこそ熱が宿る

昨日のNHK
「プロフェッショナル 仕事の流儀」
を見て、
この言葉がすごく心に刺さりました。

仕事をする上で、やりたい・好きな
ことでないと熱が宿らず、ただこなして
いるだけで相手に伝わらないのでは
ないでしょうか?

相手軸で考えることが大事だとビジネス
では言われます。

でも、

相手を気にするあまりに自分の
気持ちに嘘をつくと気持ちが入らずに
いい仕事にはならないのです。

 

嘘のない自分の情熱 × 相手軸

 

が大事なんです。

放送内容は、プロフェッショナル子供大学
で子供がポテトチップスの商品企画する
ドキュメンタリーでした。

講師である缶コーヒーやポテトチップスの
ヒット商品を生み出してこられた佐藤章さん
は、ライターのデコボコした表面を触る
ことで深く考えることができたり
リラックスできたことから、デコボコした
缶のコーヒーを企画したそうです。

でも、

前例がないことから上層部に却下されたとのことです。

この時、ツルツルの缶では自分の心が
動かないと思ったので、色んなデーターを
つくることで説得し、結果そのデコボコ缶の
コーヒーは大ヒットとなったそうです。

子供大学では、一人の小学生がクラスメイト

に好きな味のアンケートを取り、一番人気
だったもので企画するとダメ出しされました。

周囲を気遣うことで、自分が好きという発想がない様子でした。

苦しんでいましたが、自分好きな食べ物は
何かを考え、お母さんと話し合うことで
好きなお母さんの味噌汁には病気がちの
自分が元気になって欲しいという気持ちが
込められていたことを知り、それが好きに
繋がっているのではないかと気づいたことで
自身の思いを込めた企画ができ、大人の心を
揺さぶり、商品化に選抜されました。

 

私たちも周囲の反応を気にしすぎて
本当に好きなことを見失っている

 

周囲の声 = やりたいこと・好きなこと

 

錯覚している人が多い様に感じます。
それだと、仕事に熱は宿らず、自分自身も
やりがいを感じません。

私はキャリアカウンセリングの仕事の中で
行き詰まりを感じたことがありました。

ストレスクリア®のセッションで自分の心を
突き動かす根本動機に気づくことで
自分に嘘をつかない姿勢を取り戻すことが
できました。

クライアントの情熱(思い)はどこに
あるんだろう、どうすればこの人のこだわり
や情熱のストーリーが伝わるだろう

そんなことを意識して業務のあたることで

楽しさや、やりがいを感じながら取り組むことが出来ています。

自分の思いに嘘をつかずに仕事出来ていますか?

 

皆さんは頻繁に買うお菓子ありますか?

そのお菓子はなぜよく買うのでしょう?

そのお菓子を食べると浮かんでくる思い出
はありますか?

これを突き詰めると、自分の思いが見えてくるかもしれません。

この作業のワークブックが番組のホームページにあります。よかったら、ご覧くださいね。

http://www.nhk.or.jp/professional/kodomodaigaku/i/i1_1.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です