行動できないを活かす

突然ですが、
ルンバを開発しなかった理由
ご存知ですか?

ロボット掃除機が仏壇のろうそくを倒して
火災になるリスクを重視した為

だそうです。

納得できましたが、一方で
何て心配性なんだ!!とも思いました。

仏壇がある家って限らているんじゃないかな?

ろうそくつけたまま外出すること
なんてほとんどないんじゃない?
ルンバが活躍する時間は留守中が多いんじゃ
ないかな・・・

その様に思ったのです。

昨今のニュースや転職面談をしていると
世の中はリスクに敏感で必死に自社を

守っている様に感じます。
もしも・・・が起こると大変なので、

用意周到なのは良いかと思いますが、

一方でチャンスを逃していて
勿体ない様に感じます。

実際、ルンバが大ヒットしてから後を追う様

に日本の電機メーカーが類似した製品を発売

し、世界初のお掃除ロボット発売という

チャンスを逃し、世の中では

お掃除ロボット=ルンバ

と思われる方がたくさんいるのです。

残念なお話ですよね。

 

このエピソードは昨年のベストセラー

宝くじで1億円当たった人の末路

で知りました。

 

作中では、


人生もビジネスも

「リスクを取ってリターンを取りに行く

作業」の繰り返しで、リスクもリターンも


過大評価していては、人生も仕事もろくな

ことにはなりません。めったに起こらない

幸運を待ちわびるのも、めったに起こらない

不運をおそれるのも今日からやめてみる。

それだけで人生やビジネスの可能性がぐっと

広がる気がする。

 

とありました。

やりたいことがあっても、

経験がない
知識がない

を理由に挑戦できない方も多いのでは

ないでしょうか?
リスクを知ってこそ、自分ならではの仕事ができる

こともあります。
思い切って挑戦しませんか?

とは言ってもそう簡単に行動に

移せない・・・

かつての自分がそうでした。
これは、恐れがある為です。

でも、

恐れを感じても諦められないことがあるから

でもあります。

行動に移すのは危険だからやめよう!

だと、行動できないという葛藤は感じない

のです。

その諦めきれないこと

(もしかすると人生の
ミッションと言えるかもしれません)

に気づくと木が根から吸収する様にぐんぐん行動できる様になるのです。

行動に移せない場合は、自身の諦められない

理由を見つけることから始めませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です